合気の修得について修得について
人の体は本来「気の体」なのであり、この体の気を合して使うのが合気なのである。(錦戸師範)

合気の稽古は、まず気の体をつくる事。

その為に気の体になる筋力をつかわない基本の稽古から始める。

これは合気の基本技の稽古を通してつかむことができ、全身が気の体になった人に合気を教える。

合気の稽古を練磨すると、気が益々身について強靭な合気体になる。

こうして病弱な体力のない人でも強靭な 体になる。

合気の技は、相手の力をすべて奪い取ってしまうのである。

相手の力を利用するのではなく合気で奪い取るのである。

合気が身についたら相手の力を奪い取ることができるのである。

堀川先生が合気が身についたら恐ろしいと言った意味がこれである。

合気修得のために二つの目を使う稽古を指導する。

一つの目は肉眼である。これは見える世界を見る眼である。

一つの目は心眼である。これは見えない世界を観る目のことである。

この心眼で観る稽古をすることによって見えないもの(気、合気)が観えるようにようになる。

これを最初から指導する。
MENU | 大東流合気柔術について | 堀川幸道先生 | 錦戸1無光師範 | 合気の修得について

光道の技(動画) | 道場案内 | 合する合気ビデオ販売|無二なること | お問合せ