錦戸無光 師範 錦戸武夫 光道 総師範
錦戸無光師範 略歴

大東流合気柔術光道創始者
初代光道総本部長及び総師範

昭和15年 南西諸島テニヤン島出身
小、中学校を熊本県天草で過ごし、大阪へ。

昭和34年より大東流(柔術)を学び始め、東京にて道場を
構える。堀川幸道先生への師事は、昭和48年35歳の時に、友人の紹介で北海道を訪れ、初めて堀川先生の合気の技に触れた瞬間に、これまでの柔術(約15年の稽古)を一切捨てる事を決意。
帰った後、幸道会東京支部道場として再出発。
それから2年間は毎月北見〜東京の往復、また、堀川先生が上京しての稽古に励む。
2年後、堀川先生より「あなたを仕込んでみたい」と言われ家族で北見に移り住む事を決意。一般稽古の他、厳しい個人指導を受け”合する合気”の極意を掴む。

現在、福岡県筑紫野市で大東流合気柔術師範として後身の育成に情熱を注ぐ。

ビデオ 「堀川幸道直伝 合する合気」 BABジャパン
     「合する合気」光道 上・下巻 

※「合する合気」光道 上・下巻は錦戸無光にて販売しております。詳細はこちらをご覧下さい。


MENU | 大東流合気柔術について | 堀川幸道先生 | 錦戸無光師範 | 合気の修得について

光道の技(動画) | 道場案内 | 合する合気ビデオ販売 | 特別なパワーの体験 | リンク | お問合せ