大東流合気柔術について

大東流合気柔術は約900年の歴史の流れの中で、先人たちの厳しい血のにじむような研鑽を経て、

他流では見られない、「気を合する合気の世界」に到達した武術である。

清和天皇の末孫である新羅三郎義光公に始まり、 明治になって大東流中興の祖と呼ばれる

稀代の達人武田惣角先生により世に広められるまでは、甲斐武田家〜会津藩の一部上級武士及び、

奥女中にのみ伝えられる門外不出の秘伝武術とされていた。


武田先生の教えは力の強い体力のある人々には柔術(主に逆手、関節技)を教え

力も体力もない人々には合気(合する気)の技を伝えた。
※大東流各流派により技が違う理由がこれである。

中でも永世名人堀川幸道先生は病弱で体力もなかったので、純に”合気”を教え伝えられたのである。

堀川先生が若い時、屈強な男5人が先生が小柄なのをみて馬鹿にして先生に打ち掛かっていったが

5人共あっという間に投げ飛ばされていた。  


又ある時、村祭りの前日であった、村の青年が相撲の稽古をしている所を先生が通りかかると

青年達が相撲では俺達にかなうまいと言った。そこで堀川先生が土俵に上がり、青年達を相手にした

が誰一人相手にならなかったそうである。  


合気が身についたら恐ろしいものであると堀川先生の言葉である。

大東流合気柔術 光道の稽古は堀川先生直伝の”合する合気”を掴む為のものであり、

また、自然界の理合を用いるので一切の無駄な力を使わなくて済む様に出来ている。


※詳しくは”合気の修得について”をご覧下さい。

MENU | 大東流合気柔術について | 堀川幸道先生 | 錦戸無光師範 | 合気の修得について

光道の技(動画) | 道場案内 | 合する合気ビデオ販売 |
無になること | リンク | お問合せ